共有してみた

ネットワークプリンターが揃いも揃って印字不良になりました。
みんな「黒」がおかしい。印字されなかったり、薄かったり。

そんなわけで、代替機が必要になり、久しぶりに、非ネットワークプリンターをPCにつないで、共有しました。

サーバー側、Windows 10のPCにUSBでプリンターをつないで、共有。
クライアント側もWindows 10なので、

設定
→ デバイス
→ プリンターとスキャナー
→ プリンターまたはスキャナーを追加します
→ プリンターが一覧にない場合
→ 共有プリンターを名前で検索する
→ 参照

で見つけることができ、あっさり、接続できました。
こんなに簡単だったか・・・。

ところが、です。

その日だけで終わりと思ったのに、翌々日、また必要になりました。
前々日のプリンターは撤去してしまったので、別のプリンターを使います。

サーバー側は問題なく設定できました。

ただ、クライアント側で、先の「設定 → デバイス → ・・・ → 参照」で、

出てこない!

さてどうしたものかとネット上で調べてみると、まず出てきたのが「クライアント側で資格情報を入れましょう」というもの。
サーバーPCのログインアカウントの資格情報を設定しましょうね、ということです。
これは、入れてみても変わりなしです。
そもそも、前々日の設定のときからずっと、都度求められたので、入れていました。

もっともっと探していくと、こんな情報が見つかりました。

まず、

コントロールパネル
→ プログラムと機能
→ プログラムのアンインストールまたは変更
→ Windowsの機能の有効化または無効化

で、

SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート

の全部にチェックを入れます。
ちなみに、今回のマシンでは、「SMB1.0/CIFSサーバー」にだけ、チェックが入っていませんでした。

これだけでなく、さらに、レジストリをいじります。

HKEY_LOCAL_MACHINE
→ SYSTEM
→ CurrentControlSet
→ Control
→ Print

に、

RpcAuthnLevelPrivacyEnabled
型: DWORD(32ビット)値
値: 0

という項目を追加します。

そして念のため再起動。

おおぉぉ

つながりました!

ネットってありがたい(涙)。

でも、前々日にはこんな設定は要らなかったのに、なぜ?
プリンターを変えたから?
二日の間にWindows Updateでも走ったの?

などなど、疑問というか不満というかは尽きませんが・・・

深追いしない、が、最近の基本姿勢です(笑)。

遊んでくれたマシンとともに

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。