誕生日の話

 こんにちは、日本語教師の佐藤です。

 こたつを出したらもう抜け出せなくなりました。ぬくい🙃🙃ずっと前ですが、福島県民は日本一こたつが好きだという調査結果を見たことがあります。一家に一こたつ✌

 自分の話ばかりしてもあれなので、学生のちょっと面白かった話もしておきます。

 この前、事務室に入ろうとしていた学生がいたので(寒くなってきたから扉が閉まっていました)、「失礼しますって言って入ってね」と廊下で声をかけたら、なぜか「ごめんくださーい」と入室しました。思わず「家か!」とツッコミそうになりました。あぶないあぶない🤭

 学生の知識が増えていることは先生として嬉しいことですが、ときどき使いどころが変なときもあるので、今のところ飽きるということはありません。学習したことがしっかり定着していると、新しいものを教えたときに以前習ったものとの違いは何ですかといった質問が飛んでくるので、ちゃんと理解してもらえていると嬉しくなると同時に気が抜けないなとも思います。

 さて、今回のテーマは「誕生日」です。私の誕生日じゃありません。11/3(木)文化の日、私の大好きな子の誕生日です🎉

 昨年、初めて推しに誕生日ケーキを買いました。今まで、推しにケーキを準備してお祝いするという文化を知っていましたが、まさか自分がするとは思っていなかったので、それほどまでに好きになったんだなと実感しています。昨年は普通のホールケーキを買ったのですが、今年はオーダーメイドにしました。

大好きな衣装の柄を入れてもらいました😳

 推しのケーキを用意してすることと言えば、推しのグッズを並べることですよね。ええ、もちろん。私もやりました。

アクスタが意外にたくさんありました。

 基本的にグッズは缶バッジを集めているんですが、場地くんに関してはアクスタもぬいちゃんも集めてしまいます😂場地くんと名のつくグッズは全部ほしい笑笑

 人間として非常に魅力的な彼が大好きです。

 最後はケーキと並べて写真を撮りました。

それっぽい写真📷

 ケーキは3日かけて美味しくいただきました🙋

 こんな感じでとても有意義な(推しの)お誕生日を過ごしました。

 みなさんも一度、大好きな人のためにケーキでお祝いしてみてはいかがでしょうか?ものすごく幸せになれますヨ😏

 もうお分かりかと思いますが、私文字数の多いオタクです。このブログも文字数が多いので、もはや公式の場を借りた日記です。

 のんべんだらりな人間ですが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます🙇‍♀️

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です