第4回スピーチコンテスト

目的

プレゼンテーションは、これから世界で活躍する本校の学生にとって不可欠な技である。自らの考えをまとめ、内容を組み立て、大きく、明瞭快活で、聞き取りやすい声、活舌よく発表することを体験することで、社会に飛び立つ発射台とする。今回のスピーチは、学生諸君が数カ月後に挑戦する人生の岐路に立った時、己の夢が実現する道が拓くための一助とする。

実施日時

2019年6月14日(金)9時00分~

会場

1階教室

発表時間

3分

優秀スピーチ紹介

第1位「人との出会いと新たな生活」ダッシ・フレグ

人との出会いと言うものは、まるで運命だと思っています。

なぜかというと初対面と出会った日から予想出来ない新たな生活を一緒に始めます。今まで出会った人々のおかげで今日という人生を送っているのです。 今まで出会った先生たちのおかげで学んだ知識とか友人たちのくれた楽しさとか色々ゆたかな生活を送れたと思っています。今から出会うだれかのせいで、あるいはだれかのおかげで私たちの人生がどうなるかは運命の秘密です。 でも今まで私の人生に苦労をさせた敵も、色々学ばせてくれた感謝の人だと思っています。なぜかというとその敵のおかげで様々な経験を積めたからです。だから許す必要もあります。

生まれてからお墓に終わらせるその短い人生の流れで一番良かった出会いはいったい何でしょうか。みなさんどう思っていますか?

私にとっては家族です。親の息子として、兄の弟として、校長先生をはじめ先生方の生徒として、誰かの友人としている今の私は、誰かと付き合ってその女の夫として生きることになります。 そして赤ちゃんもできて、自分の子どもの父親になって、どんどん歳をとって、一番最後に家族のおじいさんとして死にます。 それは人との出会いと新たな生活だと思っています。最初は赤ちゃんでしたけど、何十年後お年寄りになるのは当たり前のことです。 その間に、色々な人になります。

2019年06月14日